So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

もっと知りたいな 八王子の街  その22 【 心 源 院 】 [日記・コラム・つぶやき]

R0011734.JPG

  こんにちは、ゴマ子です。

  先日は、久々のアップロードにもかかわらず

  甲府の信玄公祭りに関しまして、沢山のご訪問有難うございました。

  今回は関連の内容で、信玄公の五女である松姫様にゆかりのある

  東京都八王子市下恩方に在ります曹洞宗のお寺さん 『深澤山 心源院』です。

  今日、4月16日は松姫様の命日です。

  昨年、400回忌ということで、八王子市をあげて松姫400年祭が

  盛大に執り行われました。

  今回の写真は、ずっとアップを躊躇していました昨年末撮影のもの。

  かなり個人的な趣味と思い入れで大変恐縮ですが 

  思い切って載せてみることにしました。

  しばしお付き合い頂けましたら幸いです。

R0011737.JPG

  松姫は7歳のときに、織田信長の嫡男 信忠と婚約しますが

  その後三方ヶ原の戦いで、織田が徳川軍に援軍を送ったことから

  その婚約は破談となります。

  信玄公死去のあとは、信濃高遠城を任された

  兄の仁科五郎盛信のもとで暮らしていましたが

  その後、一旦甲斐國へと戻り

  織田・徳川の甲州侵攻により東へと逃れて行く事となります。

  そして今から400数十年前、武田家滅亡の際に現在の八王子市の

  金照庵に身を寄せ、(現在、金照庵は存在しません。)

  その後ここ心源院で武田家の菩提を弔うため  

  22歳で剃髪・得度を受け、『信松尼』となりました。

  この四脚門、松姫様もくぐったのでしょうか。

R0011738.JPG  

  こちらの心源院、開基は当時の武蔵國守護代でありました滝山城主 大石定久氏。

  開山は、李雲永岳禅師。

  ぼくざん禅師と言われている方が多いでしょうか。  

  まさに松姫の師であります。

  ちなみに、昨年の松姫400年祭の前に

  普段は台町の信松院に在ります松姫坐像がここ心源院に里帰りをしました。

R0011736.JPG

  境内をぐるっと見まわしてみます。

  こちらは、千人同心でありました小谷田子寅の碑。

R0011741.JPG

  鐘楼。

R0011779.JPG

  少し引きで、本堂を撮影してみました。

R0011744.JPG

  しだれ桜。

  きっと今頃キレイに咲き誇って、多くの人の目を楽しませてくれている事でしょう。

R0011743.JPG

  本堂。

R0011748.JPG

  松姫にとり、ぼくざん禅師は仏門の道を切り拓いてくださった師であります。

  大柄で、とても優しいお人柄だったと何かで拝見した事があります。

R0011751.JPG

  武田家を弔い、千人同心の心の寄りどころでありました松姫様。

  地元の方々にも愛され、子供たちに手習いを教え

  機を織り、生計を立てていました。

  それが現在の八王子の織物産業の礎に大きく貢献したようです。

  その功績をぼくざん禅師は、きっと大きく讃えたことでしょう。

R0011752.JPG

  境内にも立派な松が植栽されていました。

R0011753.JPG

  そして秋葉神社の鳥居があります。

R0011755.JPG

R0011756.JPG

  立派な杉の木。しでが巻かれています。

  御神木なのでしょうか?

R0011757.JPG

  秋葉神社の鳥居をくぐりますと

  このような坂道が整備されています。

  登りますと八王子城に繋がります。

R0011760.JPG

  やや険しい八王子城への道は、この松姫杖がサポートしてくれます。

R0011761.JPG

  この坂道を進んでみます。

R0011764.JPG

  途中、秋葉神社のお社がありました。

  ここでご挨拶をさせて頂きました。

R0011766.JPG

  尾根道をさらに進みます。

  途中、このように道しるべがあるので迷うことなく安心して

  歩を進めることができますね。

R0011769.JPG

  ようやく尾根を登り切りますと

  見晴台から八王子 恩方の町を見下ろせます。

R0011768.JPG

  向山北砦で一旦休憩。

  腰を下ろして、持参したお茶を飲みました。

  結構体力使いました、普段まるで運動していないので。

R0011767.JPG

  2016年末の尾根からみる町と空は

  清々しい空気に包まれていました。

R0011771.JPG

  都心方向を見ます。  

  途中、60才台くらいの男性とすれ違いましたが

  『今日はスカイツリーは見えないよ。』と、仰っていました。

  時折、この尾根から町を見下ろしているみたいです。

  残念ながら、やはりそれらしきものを見る事はできませんでした。

R0011763.JPG

  こちらは坂道から俯瞰で撮影しました心源院本堂と境内。

  この日はどなたもいらっしゃらなくて、静かでした。

  本堂を見ながら2016年を振り返り、ゴマ子も参加させていただきました

  松姫400年祭を思い出しました。

  きっと松姫様もお喜びでした400年祭。

  武田家としても感無量の一日だったに違いありません。

  松姫様の遺志は後世にも引き継がれ、その形として受け継がれていますのが

  台町の信松院です。

  そして、こちら心源院は昨年よりあじさいが所々に植栽される動きが

  活発なようですね。

  桜の季節が終わり、新緑のあとは、あじさいが境内に彩を添えてくれることでしょう。

  また伺わせていただきます。


nice!(0) 

2017年4月 第46回信玄公祭り ③ [日記・コラム・つぶやき]

RIMG2479.JPG

  ゴマ子です。

  引き続き、その③をご覧いただき ありがとうございます。

  甲州軍団出陣は、毎年岡島百貨店さん前辺りで見ています。

  毎年、ドキドキしています。

  こちらは、仁科五郎盛信隊です。

  信玄公の五男として生まれました仁科五郎盛信氏。

  母上は、油川夫人。同腹に葛山信貞氏、松姫・菊姫がいます。

  仁科五郎盛信氏は、26歳の初陣にして

  織田信忠率いる5万の大軍に包囲され、潔く散ったとか。

RIMG2498.JPG

  いよいよ武田信玄公本陣隊のお目見えです。

  待ちに待った本陣隊。

  ドキドキが止まりません!!!

RIMG2517.JPG

  信玄公役の三遊亭小遊三さんを、兎に角間近で撮影したくて。

RIMG2531.JPG

  『こ‘‘ゆ‘‘-ざさ-ん‘‘っ!!!!』

RIMG2539.JPG

  『御屋形様ぁ‘‘------!!!』

  大きな声で、呼びかけましたら

  笑顔でお応えくださいました。有難うございました。

RIMG2532.JPG

  続いて、信玄公の影武者役の林家木久扇さん。

  沿道からの大きな声援に、笑顔でお応えなさっていました。

RIMG2533.JPG

  『きくちゃーーん!!』と、呼びかけている方も多数。

  山本勘助役の林家三平さんは、何枚か撮影したのですが

  全てぶれてしまっていて、悔しい・・・。

RIMG2556.JPG

  そして、帰陣式。

  この勇壮なシーンは、クライマックスに感動的な空気に包まれます。

RIMG2563.JPG

  帰陣式では、鎮魂の儀や勝鬨の発声が行われます。

RIMG2565.JPG

  無敵の武田軍。

  後世にまで愛され続ける武田信玄公の功績は

  今の世の中の礎となっていることが沢山あります。

  そして、甲州財閥と呼ばれる財界の草分け的存在を産んだのも

  甲斐の大地のエネルギーと、武田信玄公を崇拝する人々の賜物です。

  皆が幸せであるようにと願った、非凡な才能の持ち主であった

  最強の戦国武将は、ただただ強いだけでなく、お優しいお人柄で

  あったようです。

RIMG2592.JPG

  お祭りのあとは、夜桜見物。

  空気も少しヒンヤリしてきて、まさに祭りのあとといった感じ。

RIMG2594.JPG

  楽しみにしていた甲州軍団出陣は、まさに勇壮そのものでした。

  そして来る2019年の開府500年に向けましての機運も高まったことでしょう。

  この節目に、ゴマ子個人的な希望としては、

  八王子市の松姫マッピーと菱丸くんのコラボレーションを強く希望します!!!

  かなり個人的な意見をすみません。

  また来年も楽しみにしています。

  素敵な一日をありがとうございました。


nice!(0) 

2017年4月 第46回信玄公祭り ② [日記・コラム・つぶやき]

RIMG2441.JPG

  こんにちは、ゴマ子です。

  引き続き、信玄公祭りの話題です。

  その②にもご訪問くださり、ありがとうございます。

  武田神社から甲府駅を通りまして、舞鶴城公園にやって来ました。

  こちらでは、この後始まる特設ステージでの出陣式や、

  沢山の出店、賑わい城下町が繰り広げられています。

RIMG2440.JPG

  この遊亀橋を渡り、公園内へ。

RIMG2435.JPG

  橋から見る、咲き誇る桜の景色。

  今年も満開の桜を楽しむことが出来て、

  『また来て良かった。』と、そんな風に思います。

  なんだか拙い表現ですね・・・。

RIMG2442.JPG

  この後お花見をしたいと、この桜を見ながら考えていました。

RIMG2401.JPG

  一旦お城をあとにして、平和通りの県議会議事堂に向かいました。

  こちらは、おもてなしサロンとなっていました。

RIMG2377.JPG

  この時ちょうど、騎馬隊の出陣に遭遇しました。

RIMG2378.JPG

  迫力ありますね。こんなにも沢山のお馬さんたちに出会えるのは

  そう滅多にありません。

RIMG2379.JPG

  武田軍は、こちらの方のようにイケメン武士も多かったのでしょうか?

  いや、そうに違いないと思います。

RIMG2383.JPG

  お馬さんのこの優しい表情が大好きで

  甲州軍団出陣を拝見する醍醐味のひとつとなっています。

RIMG2384.JPG

  キレイですね。

  ゴマ子は乗馬の経験がありませんが、いつか乗馬を経験してみたいと

  思っています。

RIMG2406.JPG

  そして平和通りへー。

RIMG2413.JPG

  この後、また会おうね!

  岡島百貨店辺りで見ているよ。

RIMG2415.JPG

  議事堂を出まして、こちらは県庁防災新館 山梨プラザ前。

  オーロラビジョンで、多くの方々が出陣式の様子を

  中継で見ていました。

RIMG2418.JPG

  今年の信玄公役の、落語家 三遊亭小遊三さん。

  まるで本物の信玄公のような迫力と貫録です。

RIMG2438.JPG

  そして再び舞鶴城公園へ来ました。  

  この賑わい、スゴイですね!!!

  賑わい城下町では県産の美味しい物や、お祭りには欠かせないお店が

  軒を連ねています。

  その立ち込める香りに、片っぱしから食べつくしたい!!

  思わずそんな衝動に駆られてしまいました。

RIMG2434.JPG 

  特設ステージ前に足を運んでみますと

  出陣式を前にした武士に扮する皆様が、今か今かと待ち構えていました。

RIMG2423.JPG  

RIMG2452.JPG

  そろそろお腹が空いてきましたので

  賑わい城下町をうろうろしまして、お花見のお供をゲット。

  出陣式の様子は、スマホで見ることにしまして

  この満開の桜の下で、今年最初のお花見です。

RIMG2445.JPG

  串焼きと葡萄酒。

RIMG2450.JPG

  さらにオム焼きそば。

  このあと、マヨネーズをたっぷり掛けて頂きましたよ。

RIMG2456.JPG

  葡萄酒と桜、この景色に感無量です。

RIMG2451.JPG

  素晴らしい桜の景色を有難う!と、甲斐の大地に語り掛けました。

RIMG2459.JPG

  こんな風に、スマホで出陣の様子を見ることができるという

  画期的なアイデアに脱帽です。

  今年は、いつもより人出が多いかな?と感じていますが

  このように映像でも楽しめるなんて、足を運べなかった方々も

  一緒に信玄公祭りを堪能した事でしょう。

  では、その②を結びます。

  しつこいようですが、信玄公祭りの話題はその③まで綴らせていただきます。

  すみません、もう少しお付き合いいただけましたら幸いです。


nice!(0) 

2017年4月 第46回信玄公祭り ① [日記・コラム・つぶやき]

RIMG2346.JPG

    ご無沙汰しております、ゴマ子です。

  ブログの更新が大分おろそかになっております。

  久しぶりの更新に、先日盛大に開かれました

  第46回信玄公祭りについて、アップさせていただきます。

RIMG2350.JPG

  お馴染みの甲府駅南口の武田信玄公像は

  相変らずの貫録を見せてくれています。

  『ゴマ子殿、よくぞ甲府に来てくれたのう、ゆっくり楽しん行ってくりょうし。』

  と、仰っている気がします。  ← いつもの妄想です。

RIMG2348.JPG

  南口で発見しましたポスター。

  貫録と気迫を感じます!!!

  今年の甲州軍団出陣の信玄公役には、落語家の三遊亭小遊三さん。

  山本勘助役は、林家三平さん、ゲストで影武者役に林家木久扇さん、

  とにかく楽しみでなりません。

  小遊三さんは、大月市ご出身と聞いたことがあります。

  このワクワク感は、この甲府でしか味わえませんね。

RIMG2349.JPG

  南口で頂いた公式ガイドブック。

  カッコイイですね~。

  こちらもポスターと同様に貫録と気迫を感じる仕上がりに感動です。

  毎年、大切に保管させて頂いております。

  だいぶ溜りましたよ。

RIMG2347.JPG

  スタッフさんのジャンパーはグリーンで

  とても分かりやすかったです。

  皆様の御尽力あっての信玄公祭りだと、毎年感謝の気持ちで

  伺わせて頂いております。

RIMG2352.JPG

  お祭りの中で楽しみにしているイベントのひとつに

  クリスタルアースでのお茶会があります。

  今回も参加させていただきました。

RIMG2355.JPG

  お土産でも大人気の『信玄桃』。

  優しい味に癒されながら、お薄をいただく。

  ホッとできる瞬間です。

RIMG2357.JPG

  お茶で癒された後は、武田神社へ参拝です。

  この武田通りの桜を堪能したくて、行きは歩きです。

  満開の桜は、多くの観光客を歓迎してくれているよう。

RIMG2360.JPG

  途中、至る所に信玄公祭りののぼり旗がー。

  風が吹くとはためく様は、まさに士気を高めてくれているような気がします。

RIMG2366.JPG

  武田通りから、武田神社へ。

  どこもかしこも桜が満開です。

RIMG2367.JPG

RIMG2370.JPG

  参道も桜が華やいでいます。

RIMG2373.JPG

  戦勝祈願式の後に伺いましたので

  境内は比較的落ち着いていました。

RIMG2372.JPG

  今年初めてお琴の演奏を聴くことができました。

  山田流のお琴の演奏と、尺八の合奏。

  素敵な音色に、これまた癒されました。

RIMG2374.JPG

  お社右手に進みますと

  歯の神様が祀られています。

  白山社にも大きなパワーが宿っているように感じました。

RIMG2368.JPG

  参道から見ました武田通り。

  この圧巻の桜が多くの人々を幸せへと誘ってくれるよう。

  甲斐にくると、みんな笑顔です。

RIMG2376.JPG

  今一度、甲府駅方向へ向かう前に

  武田神社前のお店で、ソフトクリーム 『信玄アイス』を

  食しました。

  ソフトクリームに、きなこと黒蜜。

  最強のスイーツです!

  ん‘‘-、美味すぎるぅーーー。

  そして小腹が満たされたら、歩き出します。

  まずはこの辺で、信玄公祭り①を結びとさせていただきます。

  このブログにご訪問くださり、ありがとうございました。


nice!(0) 

2017年 お正月。 その2 [日記・コラム・つぶやき]

R0011857.JPG

 こんにちは、ゴマ子です。

  お正月の様子は、その2とさせていただきまして

 富士吉田の道の駅でのひとときです。

 途中、こんなにも素晴らしい富士山の写真を収めることができました。

 一点の曇りもない元旦の青空には、雪化粧した頂が眩しく

 また、そのパワーに圧倒されました。

R0011879.JPG

 到着しましたのは、道の駅 『富士吉田』。

 とても立派な佇まいです。

R0011875.JPG

 以前から興味深かった『吉田のうどん』。

 年越しそばを食べ損ねましたので、新春のうどんをいただきます。

R0011867.JPG

 ここ富士吉田の風土、文化によって育まれた『吉田のうどん』。

 富士山の湧水を使って、惜しみなく手間暇がかけられ出来上がっています。

R0011862.JPG

 店内に入り、まずは券売機で食券を購入し

 カウンターに提出して出来上がりを待ちます。

 ゴマ子は、わかめうどんにしてみました。

R0011861.JPG

 風味豊かで奥行きのあるお出汁の味は、ほっと出来る感じです。

 具にはもちろんワカメと、この他たっぷりのネギとキャベツが。

 肉うどんの場合は、馬肉を使っているお店も多いのだとか。

R0011869.JPG

 麺は、コシが強くて かなり腹持ちいいですよ。

R0011871.JPG

 テーブルサイドには、薬味がありました。

 途中、味変に活用してみるのもいいかもしれません。

 恐らくこの薬味は、ゴマ、山椒、唐辛子などから作られる 「すりだね 」という

 ものだと思います。

 身体も温まりますよ。

R0011865.JPG

 器の側面は、こんな感じ。

R0011864.JPG

 かわいい~。

R0011866.JPG

 うどんの器の側面の可愛い笑顔は

 何を隠そう、吉田のうどんのPRキャラクター 『うどんぶりちゃん』。

 7月1日生まれの 3才の女の子で

 コシが強くて、粘り強い性格なんだそう。

 口癖は、『日本一!』

 こちらは、パンフレットから抜粋させていただきました。

R0011868.JPG

 そうそう、茶器には富士山のイラストが入っています。

R0011931.JPG

 物産館 地元野菜売り場では、この干し柿をお土産に買いました。

R0011937.JPG

 干し柿の最高峰と誉れ高い 松里の枯露柿。

 山梨の逸品です。

 丁寧に淹れたお茶とともに、ゆっくり味わいながら頂きました。

 とても美味しかったです。

R0011911.JPG

 霊峰富士のもと過ごさせていただきました2017年の元旦。

 最高の一日となりました。

 今回も、このブログをご覧いただきまして 有難うございました。

 今年もぼちぼちやっていこうと思います。

 どうぞ宜しくお願いします。


nice!(0) 

2017年 お正月。 その1 [日記・コラム・つぶやき]

R0011922.JPG

 こんにちは、ゴマ子です。

 今さら・・・って感じなのですが、今年のお正月の様子をアップさせていただきます。

 ブログに綴るか迷っていたのですが、せっかく収めた写真がありますので

 かなり時期がずれましたが、ご覧いただけましたら幸いです。

 こちらは、JR甲府駅改札口前。

 お正月の豪華な飾りが、故郷に帰ってくる人たちを出迎えてくれます。

R0011917.JPG

 甲府駅南口の 甲斐の虎、武田信玄公像。

 甲府に来たぞ!って感じをお伝えするには、やはりこのショットが一番鮮烈かなと思いまして。

 『よく来たな~、わしは皆を歓迎するぞ!』 って、仰っている気がします。←妄想です。 

R0011837.JPG

 今年の年頭は、武田神社に初詣です。

 年が明けた瞬間は、お社に向かってこの行列でした。

R0011856.JPG

 きっと受験生も多かったのではないでしょうか。

 とくに勝負運には御利益がある武田神社。

 多くの経営者の方々も訪れると聞いたことがあります。

R0011841.JPG

 2017年は酉年。

 大きく羽ばたく、飛躍の年となるのでしょうか?

R0011843.JPG

 お社に向かって右手の方向に進みますと

 白山社が祀られていますのをご存知でしょうか?

R0011845.JPG

 こちらは、『歯の神様』です。

 毎年11月8日には、こちらで神事が執り行われます。

R0011844.JPG

 歯は、一生大切な存在。

 水晶のように硬くて美しい歯でいられるよう、毎日の歯磨きが大切です。

 武田神社内に鎮座しているということは、かなり強烈な強さを持つ神様なのでは?と

 推察いたします。

 次回訪れた際には、神職の方に詳しい事をお尋ねしてみようかと思います。


nice!(0) 

もっと知りたいな 八王子の街 その21  【ゴマ子セレクトのパン屋さん8】 [日記・コラム・つぶやき]

R0011782.JPG

 こんにちは、ゴマ子です。

 大変ご無沙汰しております。

 今年に入り、かなり不定期更新でごめんなさい。

 そのような中でも、時折メッセージをお寄せくださる皆様には有難い気持ちでいっぱいです。

 いつも有難うございます。

 さて、今回は久しぶりに八王子の街を散策してきました。

 こちらは、西八王子駅からすぐの所に店舗を構えていらっしゃいます

 米粉ぱんのお店です。

R0011780.JPG

 地元でも大人気だそうですよ。

 こちらで、ずっと楽しみにしておりました米粉ぱんを購入しました。

R0011816.JPG

 2点購入しまして、まずこちらは 『さつまいもフランス』。

 

R0011818.JPG

 断面はこんな感じです。

 生地は、手でちぎる時は少し力を入れました。

 食べてみると、シッカリとした噛み応え、でももちもち感満載!

 フィリングのさつまいものほのかな甘みと、黒ゴマの香ばしさが相俟って

 ゴマ子の、お気に入りリスト入りしました逸品です。

R0011820.JPG

 断面、ちょっと寄って撮影してみました。

R0011823.JPG

 変わって、こちらは人気商品と伺いました 『発芽玄米パン』。

 この写真から、表面のふんわり感が伝わりましたら嬉しいです。 

R0011826.JPG

 マフィンをフォークで半分にカットするかのように

 優しくナイフを入れてみました。

 トーストしたり、何かを付けて頂くのはとても勿体ない気がして

 あえてそのままで頂いてみました。

 風味が抜群で、その香りと、さらにもちもちした食感を楽しみました。

 次回購入したら、何かを挟んで食べようかな。

R0011828.JPG

 こちらのお店の袋です。

 素朴な感じだけど、優しさも感じます。

R0011781.JPG

 米粉パン初体験で、またひとつ勉強になりました。

 お腹にたまる感じも、ゴマ子が好きになった大きな要素です。

 店先にはクリスマス向けの商品でしょうか、こんな看板もありました。

 今年も残すところあとわずか。

 だけど、年末らしい事は何一つしていないのはゴマ子の毎年の恒例となっています。

 たまには掃除くらいするかな。

 ずぼらでぐうたらなゴマ子でした。

 今回も、ご訪問ありがとうございました。


前の7件 | -