So-net無料ブログ作成

2015年 お正月 その6 【恵林寺】 [日記・コラム・つぶやき]

P1019869.JPG  

 こんにちは、ゴマ子です。

 2015年 お正月連続アップロードの結びは、恵林寺です。

 武田信玄公の菩提寺でありますこちらのお寺。

 正式名称は「乾徳山恵林寺」。(けんとくさん えりんじ)

 臨済宗妙心寺派の古刹で、1330年 夢窓国師によって開かれました。

P1019859.JPG

 参道。

 雪がうっすら残っていました。

P1019856.JPG

 まずは、朱色鮮やかな四脚門。国の重要文化財です。

 織田信長によって全山焼かれたのちに、徳川家康によって再建された当時のものです。

P1019860.JPG

 手入れが行き届いてる境内の樹木。 

 信玄公は、松がお好きだったとか。娘にもその名前を付けるくらいですからね。

P1019865.JPG 

 三門。県の重要文化財です。

 織田軍の焼き討ちによって全山灰燼に帰した際、炎上する三門楼で

 「安禅必ずしも山水をもちいず 心頭滅却すれば火も自ずから涼し」という

 快川和尚の遺偈は有名です。

P1019866.JPG

 本堂。

 もちろん武田菱が貫録を見せています。

P1019870.JPG

 仏舎利宝塔。仏舎利宝塔仏舎利宝塔

P1019873.JPG

 庫裡。

 日本有数の大庫裡だそう。

P1019872.JPG

P1019880.JPG

 庫裡を入ると、立派な書に見とれてしまいました。

 この日、庫裡に到着しましたのは16時ギリギリでした。

 そんな中、どなたの書なのか?お尋ねする時間もなく

 バタバタで見学をさせていただきました。

P1019887.JPG

 かつて昔、武田が使用していた釜戸。

 武田軍は、携わる全ての人たちが白米を食べていたと聞いています。

 そして、可愛がられていた動物たちも そこで幸せに暮らしていたようです。

P1019882.JPG

 このうぐいす廊下の向こうが、拝観の見どころなのですが

 今回は、ゴメンナサイ!!! これより向こうは、時間オーバーで

 クローズでした。

 不動明王、信玄公お墓などは、また別の機会にお伝えしたいと思います。

 「なぁんだ~、ゴマちゃん 全然ダメじゃーーん。」と、言わないでくりょーーー。

P1019884.JPG

 庭園は、夢窓国師築庭の池泉回遊式庭園で、国指定の名勝となっています。

P1019883.JPG

 上段には枯山水、下段には心字池を配した雄大な規模を誇る名園であると

 パンフレットに記載されています。

P1019885.JPG

P1019889.JPG 

 こちらは、信玄公宝物館。

 別の機会にゆっくり見学させていただきたいと思います。

P1019890.JPG

 だいぶ日が延びたなぁと感じながら、恵林寺を後にしました。

 山梨を訪れるたびに、「いろんな所に行くぞぉー」と意気込んでしまい

 タイトなスケジュールを組んでしまいがち。

 楽しみたいという気持ちが強すぎるのかなぁ。

 これからは訪れる回数を増やして、一か所をゆったり見学させていただく・・・と

 毎回思うのですが、なかなか現実に至っていません。

 今回も、連続アップロード 2015年 お正月のリポートにお付き合いくださり

 ありがとうございました。

 寒の内に入りました、どうぞ温かくなさって、お過ごしくださいね。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。