So-net無料ブログ作成

昇仙峡の大自然 [日記・コラム・つぶやき]

P1017061.JPG

 こんにちは、ゴマ子です!

 長潭橋に続いてGWの最終日には、昇仙峡の渓谷を散策しました。

 やはり、実際に自分の足で歩いてみたいと思い、予定を繰り上げやって来ました。

 その様子をアップさせていただきます[かわいい]

P1017064.JPG  

 ここ昇仙峡の正式名称は『御嶽昇仙峡』。

 国の特別名勝に指定されています。

 日本一の渓谷美、そして平成百景第2位に選ばれています。

 ちなみに第一位は、富士山なんですね。[るんるん]

 県営駐車場に車を停めて、ここから散策スタートです。

P1017069.JPG

 クリアな空気と緑の香りをいっぱい吸いながら、遊歩道を歩きます。

P1017073.JPG

 新緑のトンネルは、大自然へいざなってくれます。

 どんな景色が待ち受けているんだろう?と、ワクワクした気持ちで

 歩を進めー

P1017071.JPG

 そんな中、天然の藤がお出迎えしてくれました。

P1017075.JPG

 進行方向左手を覗きこんでみると・・・

 おっーーー[exclamation&question]

 ザッーという、豪快な滝のような音が聞こえてきました!!

P1017081.JPG

 そして、昇仙峡のシンボル『覚円峰』のお目見えです!!!

 その名は、覚円という僧が頂上で修業をしたという説に由来するんだとか。

 P1017086.JPG

 まぶしい新緑と青空の中の覚円峰。

 直立およそ180m、この峡中最たるものです。

 見上げていると、その迫力にもの凄く押される感じがします。

P1017092.JPG

 この岩肌を見ると、毎回神秘を感じます。

P1017099.JPG

 そして、岩場の間に見える水の流れ。

P1017103.JPG

 そして水辺まで近づいてみました。

 ゴツゴツした感じの岩の間からは、勢いよく水が流れています。

P1017106.JPG

 マイナスイオンたっぷりの大自然に包まれて

 GWの締めくくりに昇仙峡を散策して、大満足でした。

 ここでお弁当を食べている人たちを見かけたので、

 今度訪れる時は、ゴマ子もお弁当持参で来ようかな。

 メニューは、おむすびとたこさんウィンナーにしようっと。

P1017112.JPG

 やはり、食べる事には感化されてしまうゴマ子(>_<)

 このままでは帰れません!

 ほうとう会館に立ち寄って、ここでしか味わえない『ほうとう饅頭』を

 食べました。[るんるん]

 店頭で蒸したてをいただけるんですよ。

P1017113.JPG

 ほうとうの代名詞ともいえる かぼちゃは甘味たっぷり。

P1017114.JPG

 中身は、野沢菜やしいたけ、切り干し大根などがぎっしり詰まっています。

 かぼちゃの甘味と、フィリングの塩味が絶妙に計算された

 昇仙峡の逸品です(^o^)/

 昇仙峡を行き交う人たちは、ほうとう饅頭やソフトクリーム、時々ヤマメやビールを片手に 

 満面の笑みで幸せそうです。

 甲斐の大地は、多くの人たちを幸せにするパワーがあるのかな?なんて、思いました。

 ・・と、まぁ~こんな感じで2014年ゴマ子のGWをアップさせていただきました。

 今回も、沢山のブログの中から このブログにご訪問くださり ありがとうございます!

 結びに、よかったら動画も見て下さいね。





nice!(0) 

長潭橋 [日記・コラム・つぶやき]

P1017016.JPG

 こんにちは、ゴマ子です!

 このところ、日中の気温が高くなっていますね。

 夏日という響きに聞き慣れてきているのはゴマ子だけでしょうか?

 夜は涼しくなりますが、みなさんこの気温差で風邪ひかないように

 気を付けてくださいね。

 遅ればせながら・・・、いや かなり・・遅ればせながら

 GWのネタを今頃アップロードさせていただきます、スミマセン<m(__)m>。

 というのも、前回の 『新緑の武田神社』の記事に多くの反響をいただきましたので

 しばらくフィックスにさせていただいたという言い訳をさせてください・・・。

 それから、いつも頂いていますメッセージにお応えしまして

 前回記事より 動画[かわいい]を始めました!!!

 課題は山積状態(>_<)ですが、写真ではお伝え出来ない 自然の音や空気感を

 動画を通じて伝えられることが楽しいですね。[るんるん]

 今回の記事は、引き続き山梨でのGWを楽しませていただきました様子を

 動画を交えてアップロードさせていただきました。

 5日、昇仙峡の玄関口であります『長潭橋』付近で降りてみましたよ。

 普段何げなく通り過ぎていましたが、今回はカメラ片手に散策です。

P1017019.JPG

 昇仙峡の玄関口に在りますこちらの物産の店舗。

 長潭橋開通のころに開業した建物だそうです。

 クラシカルな感じに、いつも懐かしさを感じています。

P1017021.JPG

P1017026.JPG

 長潭橋は、1925年に開通した

 山梨県内で最も古いコンクリートアーチ道路橋です。

 御嶽昇仙峡のシンボル的な存在です。

P1017024.JPG

P1017036.JPG

P1017035.JPG

 長潭橋は、甲府市と甲斐市の境界である荒川に架かっています。

P1017042.JPG

P1017038.JPG

P1017031.JPG

P1017046.JPG 

 橋を渡ると、渓谷への入り口が見えてきます。

 ここからは、日本の滝百選に名を連ねる仙姥滝までの

 沢山の自然の神秘に出会える遊歩道です。

P1017048.JPG

 そろそろ・・・・・・・駐車場へ戻る時間なので、

 橋を反対方向から撮ってみました。

 どこもかしこも深い緑に包まれています。

P1017052.JPG

P1017054.JPG

 清らかな水の流れを見ていると、時間が経つのを忘れてしまいそうになります。

P1017056.JPG

P1017058.JPG

 新緑と 清流と 鳥のさえずりと さらに澄んでいて美味しい空気。

 御岳昇仙峡は、大自然が織りなす絶景で多くの人たちを笑顔にしてくれます。

 短時間の滞在では、もったいない!

 時間に余裕を持って、ゆっくり散策することをゴマ子はオススメします!




nice!(0) 

新緑の武田神社(動画追加!) [日記・コラム・つぶやき]

P1016952.JPG

 こんにちは、ゴマ子です!

 今年のGW、みなさんはどのように過ごされましたでしょうか?

 ゴマ子は、大好きな山梨を訪れました。

 緑溢れるこの季節、甲斐は萌えて、いや燃えいるって感じがしましたね!!!

 初日の午前中、モーニングを食べて、まずは武田神社を訪ねてみました。

 甲府駅北口からバスに乗ってー。

P1016957.JPG

 時間は8時30分ごろ、まだ人の出足はゆるやかです。

P1016959.JPG

 つつじの鮮やかな色合いと新緑のコントラストが眩しい境内。

P1016962.JPG 

 この武田神社が在りますのは、武田家が甲斐国を統治していた時代の60年あまり 

 居城であった躑躅ヶ崎館の跡地です。

 昭和13年に、国の史跡として指定されています。

P1016987.JPG

P1016965.JPG

 この日は5月4日 旗日でしたので

 神職さんたちがお出ましになり、国旗掲揚が行われていました。

 神聖な気持ちに浸って、この様子を拝見しました。

P1016968.JPG

 いたるところに、武田家の家紋である『武田菱』が施されています。

P1016970.JPG

P1016989.JPG

P1016975.JPG

 新緑の中の甲陽武能殿。

 今でもここで薪能が行われています。

 戦国の時代、信玄公は大変 能がお好きだったと聞いたことがあります。

 戦に出なかったときは、ここで盃を片手に能を楽しまれたのでしょうか?

P1016984.JPG

P1016991.JPG

P1016976.JPG

 境内にある『姫の井戸』。

P1016980.JPG

 信玄公のご息女誕生の時には、この井戸水が産湯に使われたんだそう。

 また、お茶を点てる際に よく使われたという説もあります。

P1016995.JPG

P1016997.JPG

 言うまでもありませんが、

 武田神社のご祭神は、戦国時代の名将である武田信玄公。

 多くの方は『勝運』の御利益を求めて参拝しているのでしょうか?

 有名な風林火山など数々の名言も残されてる信玄公ですが

 最強かつ、とにかく人を大切にする優しさ、情の深さを併せ持つお人柄は

 その時代も、そして現代も 多くの人たちに愛されています。

P1017002.JPG

P1017007.JPG

 ゴマ子は参拝を終え 今一度、甲府駅へと戻ります。

 萌ゆる境内をぐるっと見渡し 今日の武田神社はお見納めと

 自身に言いきかせます。

 神社を離れるのが、なんとなく名残惜しくてー。

P1017010.JPG

 桜の季節にも、甲府駅に向かって一直線の武田通りを撮影しましたが

 緑の武田通りもスッキリとした感じかつ 趣があっていいですね~[るんるん]

 休日の甲斐国は、いつも多くの人たちで賑わっています。

 ここ武田神社も多くの方々が訪れることによって、信玄公の魂がお喜びに

 なっているのだとゴマ子は思います。

 今回も、このブログにご訪問くださり ありがとごいす。

  動画もみてくださいね。[exclamation](5月25日追加掲載)


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。