So-net無料ブログ作成

新緑の武田神社(動画追加!) [日記・コラム・つぶやき]

P1016952.JPG

 こんにちは、ゴマ子です!

 今年のGW、みなさんはどのように過ごされましたでしょうか?

 ゴマ子は、大好きな山梨を訪れました。

 緑溢れるこの季節、甲斐は萌えて、いや燃えいるって感じがしましたね!!!

 初日の午前中、モーニングを食べて、まずは武田神社を訪ねてみました。

 甲府駅北口からバスに乗ってー。

P1016957.JPG

 時間は8時30分ごろ、まだ人の出足はゆるやかです。

P1016959.JPG

 つつじの鮮やかな色合いと新緑のコントラストが眩しい境内。

P1016962.JPG 

 この武田神社が在りますのは、武田家が甲斐国を統治していた時代の60年あまり 

 居城であった躑躅ヶ崎館の跡地です。

 昭和13年に、国の史跡として指定されています。

P1016987.JPG

P1016965.JPG

 この日は5月4日 旗日でしたので

 神職さんたちがお出ましになり、国旗掲揚が行われていました。

 神聖な気持ちに浸って、この様子を拝見しました。

P1016968.JPG

 いたるところに、武田家の家紋である『武田菱』が施されています。

P1016970.JPG

P1016989.JPG

P1016975.JPG

 新緑の中の甲陽武能殿。

 今でもここで薪能が行われています。

 戦国の時代、信玄公は大変 能がお好きだったと聞いたことがあります。

 戦に出なかったときは、ここで盃を片手に能を楽しまれたのでしょうか?

P1016984.JPG

P1016991.JPG

P1016976.JPG

 境内にある『姫の井戸』。

P1016980.JPG

 信玄公のご息女誕生の時には、この井戸水が産湯に使われたんだそう。

 また、お茶を点てる際に よく使われたという説もあります。

P1016995.JPG

P1016997.JPG

 言うまでもありませんが、

 武田神社のご祭神は、戦国時代の名将である武田信玄公。

 多くの方は『勝運』の御利益を求めて参拝しているのでしょうか?

 有名な風林火山など数々の名言も残されてる信玄公ですが

 最強かつ、とにかく人を大切にする優しさ、情の深さを併せ持つお人柄は

 その時代も、そして現代も 多くの人たちに愛されています。

P1017002.JPG

P1017007.JPG

 ゴマ子は参拝を終え 今一度、甲府駅へと戻ります。

 萌ゆる境内をぐるっと見渡し 今日の武田神社はお見納めと

 自身に言いきかせます。

 神社を離れるのが、なんとなく名残惜しくてー。

P1017010.JPG

 桜の季節にも、甲府駅に向かって一直線の武田通りを撮影しましたが

 緑の武田通りもスッキリとした感じかつ 趣があっていいですね~[るんるん]

 休日の甲斐国は、いつも多くの人たちで賑わっています。

 ここ武田神社も多くの方々が訪れることによって、信玄公の魂がお喜びに

 なっているのだとゴマ子は思います。

 今回も、このブログにご訪問くださり ありがとごいす。

  動画もみてくださいね。[exclamation](5月25日追加掲載)


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。