So-net無料ブログ作成

東名高速 浜名湖サービスエリア [日記・コラム・つぶやき]

P1018302.JPG

 こんにちは、ゴマ子です。

 この時季の定番ご挨拶 『お暑ぅございます~』(・.・;)から始めさせていただきます。

 先日、圏央道の厚木パーキングエリア(内回り)のあとに

 海老名ジャンクションを経由して、東名高速道路(下り)に入りまして

 静岡方向へと向かいました。

 今回アップロードさせていただきましたのは、静岡県の浜名湖サービスエリア。

 このサービスエリアは、上下線集約スタイルです。

 東館・西館・レストラン館、このほかホットスナック等の屋台

 そして湖と、さらにこの時季は緑も主役の

 ここで一日過ごせてしまうようなサービスエリアです。

P1018367.JPG 

 まずは、東館のフードコートです。

P1018369.JPG

 食事券の販売機の前には、豊富なメニュー看板の展示もあって

 何を食べようか、沢山の誘惑に駆られそうです。[レストラン]

P1018374.JPG

 こちらは、お土産コーナー。

P1018381.JPG

 静岡ならではのお土産も豊富です。

 お茶を使った銘菓も並んでいます。

P1018383.JPG

 浜松の名産品 うなぎパイを手に取る人は多かったですね~。

P1018363.JPG

 こちらは、西館。ぐりこ・やも出店しています。

P1018361.JPG 

 レストラン館。

 こちらでは、湖の見えるレストランが大人気。

 もちろん美味しいウナギのメニューもありますよ。

P1018353.JPG

 レストラン館の裏手に回ってみると、こんなに素敵な外観を見ることが出来ます。

P1018334.JPG

 その裏手をさらに進んでみると、日時計の設置がありました。 

 ゴマ子、日時計を見たの初めてだったのです。

P1018324.JPG

 そして、このサービスエリアで一番楽しみにしていましたのが

 この浜名湖を臨める景色です。

 思い通りの景色に出会えました!!![ぴかぴか(新しい)]

P1018298.JPG

 左手に見えます赤い橋は、浜名湖橋。

 東名高速の浜松西インターチェンジと浜名湖サービスエリアを結んでいます。

P1018351.JPG

 この日、遊覧船はお休みでした。

P1018347.JPG

P1018343.JPG

 そして、デートスポットとしても知られています恋人の聖地。

 フェンスには、沢山のハートロックが掛けられています。

 このハートロック(南京錠)を近くの売店で購入して、二人の思いを書き込みます。

 さらに気持ちを一つに愛の鐘を鳴らして、幸せな未来へと向かうことでしょう。[ハートたち(複数ハート)]

P1018330.JPG

 芝生広場では、お弁当を食べながら 浜名湖を眺める人も多いようです。

P1018340.JPG

 遊具で遊ぶ子供たちの声が響いてくる雰囲気ですね。[かわいい]

P1018307.JPG

 この他、東館と西館の間では、地元グルメやホットスナックなどの出店もあって

 楽しさ、賑やかさが倍増です。

P1018305.JPG

P1018309.JPG

P1018377.JPG

 静岡といえば、富士山ですよね。

 ここ浜名湖サービスエリアでは、富士山をモチーフとしたぬいぐるみ

 ふじちゃんがにっこり そしてドッシリ!と構えています。

 今日は残念ながら 東名高速を走っていても何処からも富士山を見ることは

 できませんでしたが、こんな日もあるか・・・・と思い、気を取り直し

 次回訪れます時は、どうか山頂部分だけでも見ることが出来たらー と、

 そんな気持ちでサービスエリアを後にしました。

 今日も 『ぐうたらゴマ子の気まぐれ日記』にご訪問くださり、ありがとうございました。


nice!(0) 

圏央道 厚木パーキングエリア(内回り) [日記・コラム・つぶやき]

P1018098.JPG

 こんにちは、ゴマ子です。

 関東地方は梅雨が明けてから、猛烈な暑さの毎日が続いています。

 前日の天気予報のチェック、出掛ける際には飲み物やタオルを忘れないようにして

 塩分やミネラルの補給も心がけています。

 あとは睡眠時間を充分取ることも、ゴマ子にとり大切な要素です!

 時々寝ている間に いつの間にかエアコンを点けているらしく

 起きた時には、部屋が冷蔵庫みたいにキンキンに冷えていることがありました・・・(>_<)

 いつエアコンを点けたのか、全く覚えていないのです((+_+))

 ゴマ子、最近ヤバイかも・・・。

 さて、昨日は念願の圏央道 厚木パーキングエリア(内回り、海老名方向)に立ち寄りました!

 スナック・ショッピングコーナーのオープンが待ち遠しかった[るんるん]

 建物はスマートな印象の佇まいです。

P1018104.JPG

 厚木パーキングエリアは、高速道路初の『B-1グランプリ公認スポット』として

 様々なご当地まちおこしグルメが楽しめます。

 三か月を目安にメニューは入れ替わるのだそう。

P1018116.JPG

 入り口を入りますと、食券の販売機が設置されています。

P1018106.JPG

 ちなみに内回り(海老名方向)には、B-1グランプリ テイクアウトコーナーがあります。

P1018126.JPG

 こちらは、ご覧のとおりB-1グランプリキッチン。(イートイン)

P1018127.JPG

 向かって、左手には『さがみ食堂』。

 地元の食材を使ったメニューや、秦野市内にある有名ラーメン店のラーメンが

 楽しめます。

P1018111.JPG

 フードコートを広い画で見ますと、こんな感じ。

 木目調で、柔らかい雰囲気の展開です。

P1018129.JPG

 写真の奥の方には、お土産コーナーが写っています。

P1018118.JPG

 お土産品はもちろん、横浜のバッグメーカーも出店しています。

 この他、挽き立てのコーヒーも購入できますよ。

P1018124.JPG

 せっかく待ちわびたオープンですから、見学だけでは寂しすぎます。

 実はB-1グランプリキッチンのメニューを頂くことが、一番の目的です[レストラン]

 席の方向が外に向いている カウンター席に掛けることにしました。

 こちらの席にはコンセントの設置があって

 充電し忘れたタブレット端末の対応などなど、とくに忙しいビジネスマンには

 食事をしながら通信網の体制も万全にできるという、配慮の行き届いたスペースです。

 しばらく、食事が出来上がるのを待ちます。

P1018155.JPG

 待っている間に一枚。

 カウンター席から見える外のデッキの景色です。

P1018137.JPG

 そして、お目当ての『横手やきそば』ですよ~。

P1018142.JPG

 なんとも、この目玉焼きの黄身の半熟感満載がたまりません。

P1018145.JPG

 お箸の先で、黄身をつっついてみました。

 とろ~りとした黄身を見ていたら、食欲が倍増してしまいました。

 お値段は680円。 

 具にはシャキシャキのきゃべつと、ひき肉がー。

P1018150.JPG

 たっぷり甘目のまろやかな味わいのソースが、コシがある太めの麺にからんでいます。

 大き目の福神漬けがアクセントになって、いろどりも鮮やかです!

P1018160.JPG

 食事のあとは、デッキに出てみました。

P1018163.JPG

 ここから見える景色は、緑と相模川です。

P1018173.JPG

P1018182.JPG

 さてと、この後は本線に入って、海老名JCTを経由し、東名高速道路(下り線)で

 静岡方向に向かう予定です。

 最近では、パーキングエリアで楽しむ事を目的の方がかなり増えているようですね。

 旅の途中に立ち寄る事はもちろんですが、グルメが楽しめるスポットととしても

 目が離せません!

 帰りには、外回りにも立ち寄ってみましたが 外観は和風でなかなか乙な雰囲気ですよ。

 こちらは、改めてアップできたらいいな~と思っています。

 首都圏の高速道路は、一段と便利になりました。

 楽しく立ち寄ったパーキングエリアが、夏休みの思い出の一部になるような

 今はそんな時代かもしれませんね。[かわいい] 

 今回も、ゴマ子ブログにご訪問くださり ありがとうございました。


nice!(0) 

酒折宮 【山梨県 甲府市】 [日記・コラム・つぶやき]

P1018065.JPG

 こんにちは、ゴマ子です。

 先日、山梨県甲府市に在ります『酒折宮』に行って来ましたので

 今回は、その様子をアップさせていただきました。

 一番お日様の高い時間帯の参拝で、汗をふきふき(・.・;)

 タオルと扇子も持参でした。

 途中クラッとしたので、ちとヤバイかな?と思いつつ・・・

 参道の途中には、中央本線が走っています。踏切が見えるでしょ?

P1018058.JPG

 踏切を渡って、さらに参道を進み 境内入り口への鳥居が見えて来ました。

P1018055.JPG 

 鳥井の右手には、酒折宮跡の石碑が在ります。

P1018045.JPG

 歩を進めていくうちに、空気感が変わっていくのを感じます。

P1018024.JPG

 こちらは拝殿。昭和17年に再建されています。

 酒折宮は、山梨県内で唯一 古事記・日本書紀に記述のある神社です。

 ご祭神は、日本武尊。

 日本武尊が、東夷征伐の帰りにここ酒折宮に立ち寄って以来

 ご鎮座は1900年。

 日本武尊は第12代景行天皇の皇子で、第14代仲哀天皇の父であります。

P1018018.JPG

 本殿。

 こちらには、御神体の火打嚢、草薙剣が収められていると言われています。

P1018049.JPG

 そして、連歌発祥の地としても有名な ここ酒折宮。 

P1018052.JPG

  日本武尊が東征の際に、ここ酒折宮で

 「新治筑波を過ぎて幾夜か寝つる」 と詠いました。

 そして御火焚の者が 「かかなべて夜には九夜日には十日を」と 

 片歌で答えた旨が綴られている石碑です。

 このやり取りが連歌の起源とされているようです。

P1018043.JPG

 本居宣長撰文の『酒折宮寿詞』(よごと)。

 この石碑には414文字の漢字がぎっしりと並んでします。

P1018034.JPG

 手水処。

P1018038.JPG

P1018061.JPG

 興味を抱いて、色々と調べてみて・・・

 でも、実際に足を運んでみることが一番納得が行って、腑に落ちます。

 そして、その地に足を踏み入れ 想像をめぐらすー。

 でも一度だけでは飽き足らず、そして関連した事柄も興味が湧いてきます。

 ゴマ子、欲張りなのかなぁ~、 あっ、食いしん坊は認めますよ(^^)/

 今回は、『食』の写真掲載はありませんが

 『美味しい』に関しては、天下一品の山梨県!

 沢山の素晴らしいと、感動にも巡り合える 大地のパワーを感じる場所です。

 もっともっと知りたい山梨県、ゴマ子の故郷にしたいくらいです。


nice!(0) 

お寺とカフェ。(鎌倉 材木座) [日記・コラム・つぶやき]

P1017699.JPG

 こんにちは、ゴマ子です。

 今回の鎌倉散策の結びの記事は、材木座です。 

 これまで幾度も足を運んだ鎌倉ですが、材木座方面は未開拓でした。

 移動時間等を考えると、つい『次の機会に・・・』と思ってしまっていたワケです(・.・)

 材木座散策で一番楽しみにしていた景色が

 上の写真にあります『かながわの景勝50選』に選ばれてる、光明寺裏山の展望です。

 お寺の向こうには、材木座海岸が臨めます。

P1017738.JPG

 光明寺 総門です。

 P1017733.JPG

 こちらは、山門。

P1017729.JPG

 大殿、本堂です。

P1017710.JPG

 光明寺は浄土宗のお寺で 天照山蓮華院光明寺が正式名称です。

P1017711.JPG

 御本尊は、阿弥陀如来。

P1017713.JPG

 本堂の回廊を左手に進むと

 ご覧のとおり、ハスが見事な記主庭園が目の前に広がります。

 ハスの葉と、緑に囲まれた奥の大聖閣も映えています。

P1017715.JPG

P1017712.JPG

 カメさんも、のんびりハスを眺めています。

P1017719.JPG

P1017728.JPG

 境内には、こんなに色鮮やかな紫陽花が咲いていました。

 光明寺を訪ねた時間は、午前8時30分ごろ。

 江ノ電の和田塚で下車して、一人てくてく材木座方面に向かう途中

 出会うのは通学の小学生。

 境内に到着しても、拝観している人はいませんでした。

 ゆっくり ゆっくりと時間が流れている感じがする光明寺の境内。

 裏山の展望は、ゴマ子お気に入りのスポットに入りました。

P1017746.JPG 

 光明寺の次にー

 こちらもずっとドーナツを我慢して、ようやく訪れたカフェ。

 朝7時からOPENしているハワイアンテイストの素敵な空間です。

P1017749.JPG

 OPENから10時AMまでは、手作りドーナツと珈琲のセットが@500円。

 ゴマ子は、プレーンドーナツとアイスティーにしてみました。[るんるん]

P1017753.JPG

 外はカリッ、中はモチッとしていて弾力性のある歯ごたえ。

 甘過ぎず、風味豊かな感じで、あたたかさが伝わってくるドーナツでした。

P1017756.JPG

 海開きをして、夏の支度は万端の材木座海岸。

 ドーナツを片手に海を眺めながら、小坪隧道から出てくる車を目で追っていたゴマ子。

 そうそう、こちらのカフェはテラスもありましたよ。

 9時30分ごろの店内は、お喋りはずむ女子グループや、一人読書に浸る女子

 さらに地元?のご婦人方などなど、朝時間を楽しむ人たちが集っていました。

 心豊かに過ごせる空間を見つけた感じがして

 興味津々で、スタッフのおねえさんにお店の事色々聞いてしまいました。

 朝時間はもちろん、サンセットを眺めながらの夕涼みなど  

 これからの季節は楽しみ方の選択肢が広がります。

 親切で優しい笑顔のスタッフのおねえさん、ごちそうさまでした(^o^)

 今回も、連続アップロードの記事にお付き合いくださり、ありがとうございました。


nice!(0) 

鎌倉 妙本寺のあじさい [日記・コラム・つぶやき]

P1017761.JPG

 こんにちは、ゴマ子です。

 さて、鎌倉の記事は続きますよ(^o^)

 今回は7月に入っても まだまだ見ごたえある紫陽花が期待できる妙本寺を訪ねました。

 すでに成就院は剪定が終わっていますが

 友人からの情報もあって、今年見納めの鎌倉のあじさいを楽しむことができました!

P1017764.JPG

 こちら妙本寺は、日蓮によって開山され

 山号は長興山、日蓮宗最古のお寺です。

 P1017766.JPG

 妙本寺一帯を、比企谷(ひきがやつ) と言って

 鎌倉時代には、源頼朝の重臣 比企能員らのお屋敷があったそうです。

P1017769.JPG

 方丈門をくぐってからの階段の両脇には、まだまだ見ごたえたっぷりの

 あじさいたちが元気に咲いています[るんるん]

P1017796.JPG

P1017773.JPG

P1017793.JPG

 可憐な感じのやまあじさい、大好きなので

 また撮ってしまいました。(*^_^*)

P1017819.JPG

P1017815.JPG

 祖師堂の手前に見えますのが

 こちらに来て、もう一つの楽しみでしたノウゼンカズラ。

 ギリギリ見ることが出来ました。

P1017818.JPG

 色鮮やかで、境内が華やかな雰囲気に包まれていました。

 この日は、写生の方々が大勢いらしてましたが

 結婚式の前撮り?で、和装姿の新郎新婦にも遭遇しました。

 撮影の背景にあじさいは勿論のこと、このノウゼンカズラというのも

 素敵でしたよ。

 お二人、末永くお幸せに[ハートたち(複数ハート)]

P1017826.JPG

 祖師堂です。

P1017838.JPG

 右手は、二天門。

P1017811.JPG

P1017836.JPG

P1017835.JPG

 妙本寺は、とても静かで心落ち着くお寺です。

 心を空っぽにしたい時、一人境内に身を置くのもいいかな?と思いました。

 沢山のあじさいたちは、見ごたえたっぷりで

 気持ちも満たされ、こちらのお寺を後にしました。

 ちなみに、拝観料はありません。

 前回と同じく、実際の足取りと、ブログのアップロードの順番が異なっていまして

 見づらい印象があったら、ごめんなさい。<m(__)m>

 妙本寺を訪ねる前には、すでに海岸方面を散策していたんです。

 その様子は、この後に・・・。(^o^)/

 そしてー

 いつも、あったか~いメッセージ ありがとうございます。

 そのお気持ちに支えられています。


nice!(0) 

鶴岡八幡宮 七夕まつり [日記・コラム・つぶやき]

P1017842.JPG

 こんにちは、ゴマ子です。

 先日の鎌倉あじさいに続いて、また鎌倉ですよ~。

 もうすぐ七夕ですね。

 この時季に鶴岡八幡宮の七夕祭りを見てみたいとずっと思っていまして

 今年、ようやく足を運ぶことが出来ました。

 写真の技術もまだまだなので、(・・というか いつもカメラにお任せ状態なんですけどね。)

 暗い物も何枚かありますが、雰囲気を感じて頂けたらと思います・・・。(゜-゜)

P1017846.JPG

 段葛から進んでいくと、だんだんその雰囲気を感じてきます。

 境内は、沢山の飾り物で華やかでしたよ。

 風が吹いていたので、勢いよくなびいてキレイでした。

P1017849.JPG

P1017859.JPG

 こちらは、源平池のハス。

P1017864.JPG

P1017924.JPG

 こちらは、舞殿。

 巫女さんによって、鈴掛神事が行われています。

P1017880.JPG

 七夕は、五節句のひとつで

 日本古来の行事と、織姫と彦星の伝説、中国伝来の乞巧奠が合わさったもの

 なんだとか。

 笹には、願い事を書いた短冊を吊るしますが

 笹は神聖な植物で、邪気を祓うとも言われています。

P1017888.JPG

P1017892.JPG

P1017893.JPG

P1017904.JPG

 本宮前の飾りも見事です。

P1017913.JPG

P1017916.JPG

 さて今年の7月7日、織姫と彦星は会えるのでしょうか?

 ゴマ子、天の川[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]見てみたいなぁ・・。

 もし雨が降っても、それは織姫のうれし涙で

 その雨の水によって、穢れが洗い流されるという説もあるそうです。

P1017911.JPG

 本宮前から振り返って 境内、若宮大路、由比ヶ浜を臨む景色を撮ってみましたが

 うまく撮れませんでした・・・(>_<)

 駅前、小町通りなどの様子を見ていて、紫陽花を楽しみに来る人出は 

 だいぶ落ち着きを見せていましたが、小学生の遠足が多かったように見受けました。

 みんな元気、元気!

 なんだか一緒にはしゃぎたい気分になりました[るんるん]

 実は、まだこの後も 鎌倉を惜しみなく堪能しましたよ。

 続きは後日(^o^)

 今日も、このブログにご訪問くださり ありがとうございました。


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。